三田界隈

聖 坂 (ひじりざか・竹芝の坂)

(1) 所 在 地

三田 4丁目の13、14番と15番の境から、3丁目の3番と4番の境を下る坂である。
桜田通りと第一京浜国道の中間に位置する坂である。地下鉄都営浅草線 「三田駅」から徒歩約4分、J R「田町駅」から第一京浜国道を横断し、徒歩6分ほどで坂下に出る。

(2) 特 徴

幅員10~12メー トルのスロープで、途中で折れ曲がっており、坂路が長く、上半分はやや急な坂である。この折れた部分から下半分は小規模の建物が多く逆に上半分は大規模な建物が多い。両側に歩道が整備され、建物も新築の建物が多く、街路樹はなくスッキリとした感じがこの坂の特徴である。折れ曲がった部分から北西に 「潮見坂」がある。

(3) 由 来

かつてこの辺に 「高野聖」が住んでいた、あるいは聖商人の旅宿があったといわれ、高野聖の開いた坂といわれている。別名 「非知 (ひじり) 坂」「竹芝の坂」とも呼ばれている。高野聖とは、高野山に所属していた僧が、本山の観念的な思想を不満として旅僧となり、諸国を歩いた行動派の呼称である。後に、布類やその他の物資を負って行商するものが多く、それらを聖商人と呼んだ。 また、かつてこの周辺は 「聖坂町」と呼ばれていた。

(4) 周辺の状況

屈折部分にある 「潮見坂」からは、かつて海が見えていたという。 潮見坂を上り「普通士学園」を左に進むとやがて「蛇坂」に出る。
聖坂の屈折部分には「阿含宗関東別院」があり、坂下からはこの建物が正面に見える。周辺は学校、宗教施設、マンショ ンが多い。上半分の西側には小さな「亀塚稲荷神社」があり、境内には港区指定文化財の「弥陀種子板碑」が3基ある。港区で現存しているものでは最古の板碑である。亀塚稲荷神社よりさらに上の西側には、「クウェート大使館」と 「区立三田中学校」が隣接して建っている。
坂を上ると、坂上には「区立塚公園」があり一休みできる。さらに進むと西側に「幽霊坂」がある。

綱の手引坂 (小山坂・姥坂)

(1) 所 在 地

「桜田通り」から、 三田1丁目と三田2丁目との間を西側に上る坂である。
都立三田高等学校、区立赤羽小学校の脇を上る。坂上には「東京簡易保険事務センター」および 「三井倶楽部」があり、さらに進むと「オーストラリア大使館」がある。この周辺は「日向坂」の坂上でもあり、日向坂を下ると「二の橋」および 「二の橋交差点」に出る。

(2) 特 徴

幅員10メー トル程度の穏やかな勾配のスロープで、長い直線上の坂である。
非常に緩やかな勾配のため、どのあたりから坂が始まっているのかわからない 坂である。幅員が広いが、途中で変化している。歩道は両側が整備されている場所と、されていない場所がある。 街路樹はない。
勾配が極めて緩やかで、 知らず知らずのうちに上っている坂で、これが特徴である。

(3) 由 来

坂名は、この地が 「渡辺綱」 の出生の地であるとの説に由来している。 別名 「小山坂」 「姥坂」 などがある。
小山坂とはよくいわれているが、 これはこの地が、 旧三田小山町であったか らである。

(4) 周辺の状況

「桜田通り」 の 「三田国際ビルディ ング」 の脇から入る坂である。 坂上には、 近代建築をそのまま活用 し、 三田台郵便局としても使われている 「東京簡易保険事務センター」、 そして 「三井倶楽部」 があり一昔前の趣を味わえる。その反面、 現代的な 「オーストラリア大使館」 があり、 新旧の建築を見ることができる。
坂上をさらに西に進むと「日向坂」が下っている。この坂は幅員が広く急勾配である。 日向坂の向うには、 古川が流れ 「二の橋」がかかっている。その上には高速2号目黒線が通っている。
日向坂上から綱の手引坂をみる と、長い緩やかな下り坂がどこまでも続いて いるように見える。また、このアングルから「NEC」のビルが見える。この周辺では、NECのビルがランドマークになっている。